あまり見かけなくなった変わった玩具

最近はあまり見かけなくなった変わった玩具があります。
それはマグフォーマーという玩具です。
当時は人気だったと思うのですがある時期を境に、ひっそりと姿を消しました。
一体何故なのでしょうか?少し考えてみたいと思います。

何と言っても次々と新しい玩具が誕生したからでしょうね。
子供は当時非常に人気だったものでも新しいものが発売されると目移りしてしまう種族なのですから、どうしてもそっちに目が行ってしまいます。

もう一つは需要です。

消費税が初めて可決されたのは田中邦衛が総理大臣だった頃になります。
今は消費税が8%と非常に高いのですが昔は、たったの3%だったんですね。
今を生きる人々からすれば安いと思うかもしれませんが当時はかなり高いと思っていたみたいです。

消費税に関係なく子供がドンドンと挙って購入していったので次第に需要が減っていったのでしょう。
新たに購入したいと思うお客さんが来店しても需要が減って在庫が無いので新たに仕入れなければいけません。
ですが一つの玩具が、あまりにもバカ売れだったのでとうとう仕入先も確保できなくなり時と共に廃れていったかと思います。

これが当時人気だった物が最近あまり見かけなくなった理由です。

どうやら最近は新しい物で遊ぶ人が居ますが中には昔懐かしの物で遊びたくなったという人が結構増えているんですよ。
そのような考えを持つ人は中古の玩具店に行くともしかしたら在庫があるかもしれません。

子供が一人でも退屈しない玩具

玩具は子供にとっては欠かせない存在になっています。
そんな子供にとって非常に大切な玩具について今回は紹介したいと思います。

昔から両親たちは仕事が忙しく子供がどれだけ「一緒に遊ぼうよ」と言っても「今は忙しいから、また今度な」と言って全く相手にされませんでした。
仕方なく一人で遊ぶことにしたのです。
ですが一人で遊んでいたら最初は楽しいのですが徐々に冷めていってしまい飽きてしまいます。

この姿に見かねた両親は一人でも遊べるようにとパズルや積み木を買い与えていた事でしょう。
他にも沢山の玩具がありますが一般的なのはパズルと積み木かもしれません。

ここでパズルとは何かを紹介します。

パズルとは元々完成している絵をバラバラにして一つ一つピースを繋ぎ合わせて最初の絵を再び完成していく玩具です。
しかしただ完成できれば良いという訳ではありません。
このピースはどのような形をしているのか?どのように嵌めればよいのか?という少々推理系にもなっています。
これは大人になるにつれて考え方や物事を論理的に組み立てるのに必要になってくるのです。
更に冷静さも身につけることができるんですよ。

続いて積み木ですが各ブロックを自分の好きなように組み立てることができるのです。
子供はファンタジーの世界を夢に見ていますからお城を良く組み立てる傾向にありましょう。
これはブロックを積み上げていくと同時に思考力が身に付くのです。

The recommendation site
amazonギフトで換金しよう!
正しい買取方法などをお答えするおじさんがあなたのためにも詳しく教えちゃうぞ!

一体どうすればお城ができ上がるかを考えながら積み上げて完成すれば余っているブロックで他の物を作るのです。
これを繰り返していれば自然に大人に最も必要な思考力を手に入れることができます。

つまり遊びと勉強を兼ね備えた非常に便利な物なのかもしれません。
積み木とパズルさえあれば毎日でもしてしまいますし、しかもバリエーションも豊富なのでたとえ一人でも退屈しない日常になるのです

退屈しない日常になると同時にこの2つさえあれば良い刺激になります。

PR 足が痛くて困っている女子は必見
むくみサプリで本当に足がすっきりほっそり