昔の玩具は安心して遊べました

子供が目をキラキラと輝かせるのがおもちゃです。

今はゲームソフトに移行していますが昔の時代は何と言っても玩具です。
でも今みたいに続々と新しい商品は発売されていなかったので一体何の玩具で遊んでいたのでしょうか?
今から順を追って紹介していきたいと思います。

ジオシェイプス

元々は算数が苦手な子供の為に開発されました。
教科書で数字の羅列ばかり見て勉強するのは、頭を混乱させるばかりで内容が中々入っていきません。
ですが、これは遊びながら三角形などの図形を作ったり元々はどのような形をしていたのか?と算数の基礎を考えながら展開する事も出来ます。
知恵を振り絞りながら楽しく遊ぶことが出来る、まさに一石二鳥と言っても良いです。

ヘキサゴンブロック

ブロックは普通は硬い材料を使って出来ていますが、これは全てがスポンジになっていますので怪我の心配もなく安心して色々な建物を組み立てたり出来ます。
その他にも遊ぶ方法としては様々な用途がありますので、まさに至高の商品と言っても過言ではないでしょうね。

ラキュー

分厚い紙で出来ていますので誰かが間違えて踏んづけてしまってもすぐに元通りになるので何体でも自分の好きな動物を作ることが出来ます。
更に自分で紙の動物園を作ることも出来て動物園の園長になったかのような気分も味わう事が出来るのです。

いかがでしょうか?昔は先に述べた玩具で遊んでいたのです。
今は機能も種類も昔とは違って便利になっているかもしれませんが危険性もあります。
安心して遊ぶことが出来た昔の方がもしかしたら良いのかもしれません。